白髪を改善して好印象に!白髪染め選びも重要

白髪を見て見ぬふりしていませんか?白髪は見た目の年齢を大きく老けさせてしまいます。白髪を改善することで、周囲にも違った良い印象を与える事ができますよ。

見た目年齢がガラリと変わる

人間は誰でも年を取るものですから、実際の年齢を若くすることはできません。しかし、見た目年齢なら自分の工夫や努力次第で実際よりも若く見える自分自身を作ることができます。

服装やメイク、体型など若くはつらつとした印象を与えられる要素はたくさんありますが、実は髪の色も見た目年齢を大きく左右する要素の一つです。

白髪が目立つ人は、どうしても見た目年齢が5歳~10歳ぐらいは老けて見えやすいものです。

本物の白髪ではなくファッションとしてアッシュグレーなど白髪のように見えるようなカラーリングをしているだけでも、見た目年齢は実際より上に見えてしまうので、これは誰にでも共通することなのかもしれませんね。

髪質や髪形が全く同じでも、白髪が黒くなるだけで見た目の年齢はがらりと変わるものなのです。

綺麗な方で性格的にもサッパリと気持ちの良い人でも、白髪を発見したら何か残念な気になりますよね。

髪質も大切!白髪染め選びは慎重に

白髪を染めて見た目年齢を若くはつらつと見せたい場合には、白髪を黒くするとともに髪質も健康的で艶や弾力のある髪質を手に入れるのが一番です。

そのためには、どんな白髪染めを使うのか、商品選びを慎重にするのが重要なポイントです。

白髪染めの中には、ヘアカラータイプのように化学成分を使って染めるために髪や頭皮への刺激が強く、染めた後には髪がパサパサしてしまうものなど多いです。

そうしたものを使うと、せっかく白髪を染めても見た目年齢が思うほど若くならなかったという残念な結果になりかねませんね。

白髪染めの中でも、白髪を黒く染めて髪質も健康的な美髪へと改善してくれるものを選ぶなら、まず染料は天然成分が使われている商品を選ぶべきです。

天然成分で作られているものは、基本的に手袋を着用しなくても問題なく取り扱いできる商品が多いのが特徴で、主にシャンプータイプとトリートメントタイプです。

こうした種類の白髪染めは、毎日のシャンプータイムで普段使っているモノと置き換えるだけで良いという使い勝手が便利なだけでなく、染料成分以外にも保湿成分や美髪成分などが入っていて続けることで髪がつやつやになるという効果も期待できます。

黒髪で美髪なら、見た目年齢は5歳から10歳ぐらい簡単に若返りますよ。

染める色はどうする?

髪質を改善しながら白髪を染められる白髪染めは、ヘアカラータイプほどたくさんのカラーラインナップがあるわけではありません。

しかし、ブラックだけしか色がないというわけではなく、ブラック以外にダークブラウンやライトブラウンなどいくつかの色がラインナップされていることが多いです。

ブラックでもブラウンでも基本的には自分の希望や好みでカラーを選べばよいのですが、より自然に見せたいという場合には、地毛に近いトーンを選ぶのが良いでしょう。

日本人はほぼ全員が黒髪と言われていますが、黒髪と言ってもそのトーンは多種多様で、ジェットブラックな黒髪もあれば、茶色に近いダークブラウン的な黒髪の人もいたりします。

そして、生まれつきの髪の色は、その人にとって最も自然に見える色ということになるため、白髪を染める場合にも地毛に近いトーンを選べば、失敗が少ないです。

白髪染めでブラックを使うと、落ち着いた大人の印象を与えることができますし、ブラウンは華やかな印象を与えることができます。

ブラウンの中でもトーンの暗いダークブラウンなら落ち着いた印象になりますが、明るめのライトブラウン系の色にすれば、明るく華やかな印象になります。

白髪染めといっても黒だけに限定せず、好みや気分で選んでみると、白髪染めも楽しくなりますね。

商品によってカラーラインナップは異なりますが、もっともバリエーションが豊富なのは利尻カラーシャンプー及び利尻カラートリートメントです。

このサイトでもイチ押しの商品で、髪にも優しく、カラーラインナップは最も豊富な4種類です。ライトブラウン、ナチュラルブラウン、ダークブラウン、ブラックからお好きな色を選択できますよ。

⇒ 利尻カラーシャンプー の公式サイトを見てみる

⇒ 利尻ヘアカラートリートメント の公式サイトを見てみる